少女たちの行為

今のこの豊かな時代であっても食料や医薬品の不足から、飢餓と病気に苦しむ何百万人もの人がいるわけですね。彼らは、好きで食べなかったり、医者にかかったりしないわけではないのです。飢えのもたらす苦痛は自動的であり、生存の欲求という遺伝子に組み込まれている。しかしながら、多くの十代の少女は、飢えること、ひいては死に至るまで食を絶つことを選択しているのです。拒食症ですね。少女たちの行為は、人聞には力の欲求を得るために、生存の欲求を無視する能力があるという一例でありますね。もし生存の欲求が唯一の基本的欲求であるなら、拒食症もなければ自殺もないはずである。選択理論は、生存を含むあらゆる人間の行為に適用できるものであるが社会行為に焦点を当たいと思います。つまり、外的コントロールをやめることで、お互いの関係が良くなるということである。 Read more »

Categories: 生存の欲求 | Leave a comment