女性の非言語的な表現を理解する

男性にとって女性の非言語的な表現を理解するというのは難しいことかもしれません。でも彼女の言葉一つひとつに耳を傾けるというのは努力次第でできることですよね。テレビを見ながら聞いているとか、新聞を読みながら話すというような態度は改めて、しっかりと向き合って共感してあげることが本当に大切なんですよね。その姿を示すだけ真っすぐ向かい合って聞くだけで関係性というのは大きく改善するのです。それができれば、彼女にとって魅力的な男性に見えてくることは間違いないのです。できる上司は必ず部下の言葉に耳を傾けるものですよね。しかし部下の言葉に耳を傾けられる上司はほとんどいないというのが現状かもしれません。謙虚さがなければそれができないのですよね。偉くなってしまうとなかなかできないことなのかもしれません。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

何気なく放った言葉

現代では女性は男性と同じように外へ働きに出るのが当たり前になりましたよね。でもそのような状況に、特に年配の男性の脳は追いついていないのかもしれません。男性の脳は、古代のライフスタイルが刷り込まれているせいで、なかなか女性の社会進出を受け入れることができないということなのでしょう。共稼ぎの夫婦の場合、対等に働いているにも関わらず、妻のほうが夫より会社から帰ってくる時間が遅いと不機嫌になる、というような例もそれを表すことでしょう。古い遺伝子のせいで、脳が女性のことを働き手とは認めていないからこそ色んな弊害が生まれてくるわけです。脳が古いと蔑まれても仕方のないことかもしれませんね。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

考え方の違い

男女の考え方の違いは、脳の違いにあるとよく言われます。男女の脳の違いをよく表す実際の例として、左の大脳が脳便塞を起こし、言葉が話せなくなっても、訓練と時間経過で、右脳の一部がその機能を補うようになった女性がいる、ということが言われることがあります。脳梁とは左右の大脳をつないでいる部分ですね。女性の脳は特に後頭葉に近いところが丸くなっている。ここがパイプ役となって左脳と右脳間で情報交換をしているということのようです。視覚、聴覚、言語情報がすばやく交換されているので、脳梁が大きい女性は意識しないでも、細かく見て、音や言葉をよく処理できるんですね。同時処理が得意なゆえんです。感覚性言語中枢とは、言葉を聞いて理解する言語認識の能力をつかさどっています。女性が聞き上手なのは、このような解剖学的な差が影響しているのですね。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

自分の意志

窮屈な箱のなかに押し込められたような感じで、狭い窓から外を見ていた自分が、自分の足で歩き、自分の意志でコミュニケーションできるようになったらそれは素晴らしい人生の転機が訪れるのではないでしょうか。こんなことしたら両親はなんて言うだろう、人からどう思われるだろう、本当にこれでいいのだろうか、狭い場所から、こんなふうにビクビクと外を見ていた過去の自分を捨て去り、自分が自分らしさを取り戻したいま、生まれつき持っていた魅力はすぐにでも輝きはじめるはずですからね。自由が魅力を作り、素敵な出会いを生み出すのですから。自由な自分を取り戻すと、昔の不自由だった自分のことを何であんな事考えていたんだろう、などと不思議な気持ちで思い出すことになるでしょう。人生が前に進んだ証しですよね。 Read more »

Categories: 自由 | Leave a comment

自分でパートナーとの出会いを選ぶ

子育てとは、ひとつずつ諦めていくこと。親は、子どもの無限の可能性を信じています。しかし、容貌をはじめ、興味の対象、好きな勉強など、その子に個性が芽生えていくにしたがい、「あれっ?この子は、こんな方向に伸びているのか」と驚くことになります。自己主張せずに母親の要望を聞き入れて、興味や適性がないところで努力をするのは、子ども本人にとってはとてもつらいことですよね。幼いころは、親を喜ばせるためにがんばったとしても、次第に成長して自我が芽生えていきます。母親が、娘にピアニストやバレリーナになってほしいと強く願っていたとしても、娘は、母親が望む方向には興味や適性がないかもしれませんからね。親の希望と娘の適性が合致すれば、それは双方にとってうれしいことですが、そうでない可能性も高いのです。そうやってひとつひとつ諦めていくのが子育てということなんでしょう。いつまでも子供に自分の意見を押し付けてばかりいたら、その子は成長しても親の目ばかり気にして、自分でパートナーとの出会いを選ぶこともできなかったりするわけですからね。
セックスしたい 優良出会い

Categories: 人間関係 | Leave a comment

運命の出会い・最悪の出会い

親に対して自分の恋愛観・結婚観を話して、理解してもらえるならそれでもいいですが、ぶつかることがわかっているなら、何も言わないのもいいんじゃないでしょうかね。自分の体は自分のものであり、ましてや成人女性が親の監督下に置かれる理由はありませんから。口うるさく勉強しろと言うのは、いい学校へ進学するためですよね。就職活動に口を出すのは、将来の安定のためです。出会いや恋人選びにダメ出しするのは、少しでも条件のいい男性を探すためということなのでしょう。とにかく母親は、娘が少しでもいい人生を歩めるよう、気にかけずにはいられないということなんでしょう。娘と母親で、考えが合致していないときには、壮絶なバトルになってしまいがちです。しかし、娘が、世界でいちばん幸せだ、と胸を張って生きていたら、母親はたとえ自分の思いと違っていても、うれしく思うものなのですよね。あの彼でいいのかしら。医者や弁護士と出会い結婚することができればもっと楽な生活ができるのに、と思っていても、娘が笑顔でいるなら、最終的には娘の幸せを応援してくれるはずなのですよね。だから自分で素敵な出会いを見つけて素敵な恋愛をすればいいんですよね。幸せな主観的なものですから。どのような出会いだって運命の出会いになったり、最悪の出会いになったりするものなのですよね。

Categories: 人間関係 | Leave a comment

状況を客観的に見るということ

この違いを最も明白に法廷で見る。被告人が何らかの理由で陪審員の上質世界に入っていれば、証拠に対して注意を払うことなく、無罪を言い渡す。被告人がどんな陪審員の上質世界にも入らないような極悪の人物であれば、確固たる証拠がなくても有罪宣告を受けるようである。被告人が法廷に立派な服装で出廷し、裁判官に対して敬意を払う必要がここにある。自分の上質世界にあるものと無関係でなければ、状況を客観的に見ることはできない。しかし、実際には、現実世界のようなものが存在しなければならない。私たちが現実世界のかなりの部分を同じように見ることができなければ、バベルの塔に等しい世界に住んでいることになり、効果的に事をなすことができない。例えば、時刻については誰もが同意している。 Read more »

Categories: イメージ | Leave a comment

刺激的な出会いと現実的な生活の維持

すべての人にとって重要でないというものはほとんどない。しかし、ほとんどの人にとって重要でないものが十分あるので、私たちはそこにあるものが現実であると同意することができるのだ。私たちは自分の欲求を満足させようとして、たえず上質世界を創造している。たくさんの力が欲しいなら、上質世界に政治を入れるかもしれない。生存することが欲求のすべてであれば、ディケンズの小説「クリスマス・キャロル」の中に出てくる主人公を模範とするかもしれない。自由が上質世界を支配していれば、小さなヨットを買い、航海に出るかもしれない。もっと多くの性行為を望むなら、配偶者を無視し、上質世界にあるイメージ写真と一致する、もっとセクシーな相手を探すかもしれない。もし、たくさんのお金を選挙に使って落選したら、政治を上質世界から締め出してしまうかもしれない。私たちは、自分のために役立つと思うかぎり、そのイメージ写真を持ち続ける傾向があるからだ。それでも私は上質世界に、このようなイメージ写真を長く持ち続けるかもしれない。なぜなら、どんなに欲求不満の状態であっても、イメージ写真を剥がし取ることは苦痛を伴うことであるからだ。それは、過去に私の欲求を満足させていたものをあきらめることである。それゆえ、私たちは、もはや自分が願望を満足させてくれなくなっても、しばらくは上質世界にあるイメージ写真を持ち続けることになる。理想と現実のギャップを持ち続けて現実の相手に不満を持ち続けてしまうというのもこのような構造が影響しているようです。特に男女の出会いというのは強烈に刺激的な体験であり、素晴らしい面だけがイメージにしっかりと残ってしまいます。それは現実ではなくある種の錯覚なのだとある程度は理解することも現実の関係を維持するためには大切なことなのかもしれません。刺激的な出会いと現実的な生活の維持というのはやっぱり別のものだという意識は必要なんでしょうね。

Categories: イメージ | Leave a comment

自分に都合のよいように現実を定義

現実とは、多数、あるいは重要な人物、あるいは権力のある人が「現実である」と言うものと深く関係しているのです。しかし最終的には、私たちは他人の同行には無闘係に、自分にいちばん都合のよいように現実を定義するのです。テレビで大統領を見て、私はすごい人物だと思う。あなたは私が狂ってでもいるかのような見方をする。大統領はあるがままの存作であるが、私たちは同じような見方をする能力を持っていない。対立を避けるために、多くの人は政治的、宗教の話題を避け、天気の話をする傾向がある。どんな天候が私たちの上質世界にあっても、それがまちがいだと言う人はいない。これは私の上質世界に入っているので、彼を囲む円に立っているままに見ることはできない。 Read more »

Categories: 見方 | Leave a comment

もっとうまく人と関わることができる

例を挙げれば、お金を貯めて買おうとしている新しい家、ぜひとも欲しい仕事、将来にとって重要な良い成績、結婚したいと思っている人、健康を回復しつつある病気の子供、等々です。アルコール依存症の人にとっては、のどから手が出そうなほど欲しいアルコールがそのイメージ写真ですね。ギャンブル依存症の人にとっては、サイコロの動きが常に頭から離れない。革命家にとっては、憎むべき現体制にとって代わる新しい政治体制。宗教的な人にとっては、自分が永速に生きる天国あるいはパラダイスのイメージ写真。私たちの各々にとって、上質世界は、自分の個人的なユートピア、それに近づけば直ちに気分が良くなる場所なのです。上質世界のイメージ写真を満足させることに成功すればいつでも楽しく、失敗すればいつでも苦痛を味わう。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

頭から切り離すことはできない

私たちの生涯を通して、私たちが知っているどんなものよりも、私たちの上質世界に密接に関わって生活する。私たちのほとんどは、自分の基本的欲求については何も知らない。知っているのは、できるだけいつも良い気分を味わいたいと思っていることだ。したがって、上質世界に特定のイメージ写真を選び取るいちばんの理由は、このような人とともにいるとき、このような物を所有し、使い、経験するとき、そして、このような信条を行動に移すときに、他のどんな人、物、信条よりも気分がはるかに良くなるからです。上質世界は私たちにとって最も重要な知識を含んでいるのです。この知識の重要さを否定しようとしても、無理なんです。「どうでもいい」と思ったとき、木当の気持ちを伝えてはいない。 Read more »

Categories: イメージ | Leave a comment

世界の見方には大きな違いがある

二人の人がいたら二人とも違った見方をするものです。この事実を受け入れるのは、特に自分は客観的であると自信を持っている人にとっては困難ではあるが、私たちは、たくさんの現実を、自分が見たいと思うやり方で知覚している。楽観的な人も悲観的な人も、正常な人や異常な人が生きているのと同じ世界に生きている。しかし両者の世界の見方には大きな違いがある。私たちが見る多くは、他人が見るものとそうかけ離れてはいない。さもなければ一緒に生きることはできない。しかし、同じでないことは確かである。小さな個人的な世界は、誕生後すぐに各自が創造し始め、ずっと創造し続けるもので、私たちの欲求を最も満足させてくれる具体的なイメージ写真によって成り立っている。このようなイメージ写真は三つの傾域に分けられる。 Read more »

Categories: イメージ | Leave a comment

求める人、必要とする人が側にいないこと

不幸とは、私たちが求める人、必要とする人が側にいないことです。孤独で、誰かと一緒にいたいと思っているなら、そのうち誰かが現われるだろうという絶えることのない希望を持っている。その誰かが友人となり、自分を愛してさえくれる。その人は私の話に耳を傾け、一緒に学び、笑ってくれる。したいと思わないことを無理やりさせようとはしない。そして、生存していく手助けをしてくれる。力は人に対して影響を与えるために使わなければ価値がない。もしあなたが、タバコ会社で販売主事に任命されたばかりであれば、力の欲求を満たすのは困難であろう。インターネットに接続して販売するほうがもっとやりがいがあるであろう。私たちの遺伝子は、それほど多くのものを楽しむことを許さない。学んだことを他人と分かち行うことができなかったら、何かを学んだり、何かを達成したりすることにどんな楽しみがあるというのだ。 Read more »

Categories: 不幸 | Leave a comment

自由を保障している

豊かな国の代表であるとも言われるアメリカ。そのアメリカを最も創造的な近代諸国の一つにしたのは、合衆国法が市民の自由を保障しているからだとはよく言われることです。建国の先人たちの多くは、裕福で、力に満ちていたのでしょう。彼らは、憲法を銘記したときに、自由を抑圧する社会の危険に十分気づいていたのです。彼らのほとんどは、自由を求めて英国から逃れてきた。彼らは寛大であり、それほど力がない多くの人と自由を分かち合うことを実行したのです。裕福で、力があることは、必ずしも利己的であることではない。しかし、年月が過ぎても、多くの人は、言論の自由についてまだ懐疑的である。人を動かすものまちがっていると分かっていることをしゃべらせる言論の自由ということを疑問視している。 Read more »

Categories: 自由 | Leave a comment

苦痛を受けることもいとわない

ある印象的な話。飛行機に乗っていた幼児にとっての問題。それは本当に事は簡単であったはずです。いやな目にあえば、泣き叫び、母親に問題を解決してもらおうとするだけなので。しかし十二歳の子供には、事はもっと複雑である。痛みに耐え、親に不可能なことは要求しない。泣き叫んだりすれば、母親との関係を危くするかもしれない。良い気分を味わい、問題を避けたいと思えば思うほど、私たちが(これを学習するわけであるが)必要とする人々との人間関係は、私たちの選択に大きな影響を与える。良い人間関係を得るためには、私たちのほとんどは、かなりの苦痛を受け入れる覚悟がある。人間関係のほうが苦痛よりも重要であるからだ。人間関係を得て、維持し、改善するために、長期的な快適な活動すらいとわない。なぜなら、最終的には気分が良くなり、私たちが必要とする人々と親しくなれると信じるからである。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

少女たちの行為

今のこの豊かな時代であっても食料や医薬品の不足から、飢餓と病気に苦しむ何百万人もの人がいるわけですね。彼らは、好きで食べなかったり、医者にかかったりしないわけではないのです。飢えのもたらす苦痛は自動的であり、生存の欲求という遺伝子に組み込まれている。しかしながら、多くの十代の少女は、飢えること、ひいては死に至るまで食を絶つことを選択しているのです。拒食症ですね。少女たちの行為は、人聞には力の欲求を得るために、生存の欲求を無視する能力があるという一例でありますね。もし生存の欲求が唯一の基本的欲求であるなら、拒食症もなければ自殺もないはずである。選択理論は、生存を含むあらゆる人間の行為に適用できるものであるが社会行為に焦点を当たいと思います。つまり、外的コントロールをやめることで、お互いの関係が良くなるということである。 Read more »

Categories: 生存の欲求 | Leave a comment