browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

苦痛を受けることもいとわない

Posted by on 2013年10月19日

ある印象的な話。飛行機に乗っていた幼児にとっての問題。それは本当に事は簡単であったはずです。いやな目にあえば、泣き叫び、母親に問題を解決してもらおうとするだけなので。しかし十二歳の子供には、事はもっと複雑である。痛みに耐え、親に不可能なことは要求しない。泣き叫んだりすれば、母親との関係を危くするかもしれない。良い気分を味わい、問題を避けたいと思えば思うほど、私たちが(これを学習するわけであるが)必要とする人々との人間関係は、私たちの選択に大きな影響を与える。良い人間関係を得るためには、私たちのほとんどは、かなりの苦痛を受け入れる覚悟がある。人間関係のほうが苦痛よりも重要であるからだ。人間関係を得て、維持し、改善するために、長期的な快適な活動すらいとわない。なぜなら、最終的には気分が良くなり、私たちが必要とする人々と親しくなれると信じるからである。より良い人間関係が得られるという保証がなくても、私たちは、そのうち気分も良くなり苦痛も和らくだろうという希望を持ち、快感を後回しにして苦痛を受けることもいとわない。しかし、私たちが不幸であるときでさえ、私たちの遺伝子によれば、快適な人間関係に対して良い気分を味わう能力が残っているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>