browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

精神的な癒し

Posted by on 2015年2月9日

いったん開始された射精を途中で止めることができないというのは男性なら誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。それは脊髄にある反射中枢が、射精の引き金になる信号を出しているからだと言われています。射精も大脳がコントロールしていない反射運動のために自分の意志で止めることができないようです。同じ尿道を通るにもかかわらず、精液と尿が混じらないのは、射精時に膀胱の出口にあたる部分が閉ざされるためらしです。個人差はあるものの、一般的に若いほど射精までの時間が短く、年齢とともに長くなっていく傾向があるようですね。具体的にはこのように言われているようですよ。20歳代は7~8分。30歳代は10~12分。40歳代は10~13分。50歳代は15分程度というように。ただ射精というのはセックス時にだけ起こるわけではないですよね。例えば夢精。夜の間に性的な夢などを見ることでペニスが勃起し射精することです。朝起きたときに下着が精液で濡れていることに気がつき、夢精したことがわかるというわけですね。夢精は、精子が盛んにつくられるようになる思春期に起きることが多いようですが、夢精のメカニズムはまだよくわかっていないようですね。熟女と出会いたいという若い男性が増えているようです。やはりそれは肉体的な快楽だけではなく、精神的な癒しという要素も求めているからなんでしょうね。コミュニケーション面でリードしてくれる女性を求めているということなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>