browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

人間の体の神秘

Posted by on 2014年11月1日

人間の体の神秘について。それも生殖に関して。卵子と精子が両方とも栄養分を持って大きい場合は受精後の栄養も十分になるが、両方ともに動きがにぶいので、出会うチャンスが減少することになります。両方とも栄養分を少なくして小さく動き回りやすい形の場合は、出会うチャンスが増す代わりに受精後の栄養分が不十分になり、生存力が減少してしまうわけです。そこであまり動けない代わりに栄養分が豊富で大きな卵子と小さく動きが活発な精子の組み合わせが子孫の繁栄にもっとも効率的かつ有利だったため、この組み合わせの配偶子を持つ生物が生き残ってきたというわけなんですよね。2つの性しかない理由もこのあたりに真理がありそうです。たとえば第3の性として中くらいの大きさの配偶子があったとしても、結局は大きな配偶子と出会うよりも、小さな配偶子と出会うチャンスのほうが多くなって結果的に大きな配偶子と小さな配偶子だけの組み合わせが、もっとも効率的だということになったのでしょう。有性生殖のほうがメリットがあるのならば、1つの個体がオスとメス、両方の生殖器をもっている雌雄同体のほうがさらにメリットがあるように思われますよね。なぜなら交配し合うことで両者が子供を産むことができるからですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>