browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

何気なく放った言葉

Posted by on 2014年4月21日

現代では女性は男性と同じように外へ働きに出るのが当たり前になりましたよね。でもそのような状況に、特に年配の男性の脳は追いついていないのかもしれません。男性の脳は、古代のライフスタイルが刷り込まれているせいで、なかなか女性の社会進出を受け入れることができないということなのでしょう。共稼ぎの夫婦の場合、対等に働いているにも関わらず、妻のほうが夫より会社から帰ってくる時間が遅いと不機嫌になる、というような例もそれを表すことでしょう。古い遺伝子のせいで、脳が女性のことを働き手とは認めていないからこそ色んな弊害が生まれてくるわけです。脳が古いと蔑まれても仕方のないことかもしれませんね。男性の何気なく放った言葉がセクハラという物騒な事態を引き起こしてしまうことも多々あります。男性が、そんなつもりではなかったといって弁明してみたところで受け手側にセクハラととらえられればそれはしょうがないのです。気をつけなければなりません。例えば、いつも自分に似合った口紅をつけているね、などと化粧をほめただけでも相手次第ではセクハラと騒がれてしまう場合も今はあるようですよ。極端な例なんでしょうが注意が必要になりますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>