browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

状況を客観的に見るということ

Posted by on 2013年10月28日

この違いを最も明白に法廷で見る。被告人が何らかの理由で陪審員の上質世界に入っていれば、証拠に対して注意を払うことなく、無罪を言い渡す。被告人がどんな陪審員の上質世界にも入らないような極悪の人物であれば、確固たる証拠がなくても有罪宣告を受けるようである。被告人が法廷に立派な服装で出廷し、裁判官に対して敬意を払う必要がここにある。自分の上質世界にあるものと無関係でなければ、状況を客観的に見ることはできない。しかし、実際には、現実世界のようなものが存在しなければならない。私たちが現実世界のかなりの部分を同じように見ることができなければ、バベルの塔に等しい世界に住んでいることになり、効果的に事をなすことができない。例えば、時刻については誰もが同意している。さもなければ、時間を守るという概念は存在しないですから。時間は私たちの上質世界にあるものではない。普通の状況では、現在の時刻を知ることで快感を得ることはない。しかし、私が鉄道関係の仕事なら、時間は上質世界にしっかり入っている。正確な時間が分からないと、大事故になる可能性があるからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>