browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

刺激的な出会いと現実的な生活の維持

Posted by on 2013年10月26日

すべての人にとって重要でないというものはほとんどない。しかし、ほとんどの人にとって重要でないものが十分あるので、私たちはそこにあるものが現実であると同意することができるのだ。私たちは自分の欲求を満足させようとして、たえず上質世界を創造している。たくさんの力が欲しいなら、上質世界に政治を入れるかもしれない。生存することが欲求のすべてであれば、ディケンズの小説「クリスマス・キャロル」の中に出てくる主人公を模範とするかもしれない。自由が上質世界を支配していれば、小さなヨットを買い、航海に出るかもしれない。もっと多くの性行為を望むなら、配偶者を無視し、上質世界にあるイメージ写真と一致する、もっとセクシーな相手を探すかもしれない。もし、たくさんのお金を選挙に使って落選したら、政治を上質世界から締め出してしまうかもしれない。私たちは、自分のために役立つと思うかぎり、そのイメージ写真を持ち続ける傾向があるからだ。それでも私は上質世界に、このようなイメージ写真を長く持ち続けるかもしれない。なぜなら、どんなに欲求不満の状態であっても、イメージ写真を剥がし取ることは苦痛を伴うことであるからだ。それは、過去に私の欲求を満足させていたものをあきらめることである。それゆえ、私たちは、もはや自分が願望を満足させてくれなくなっても、しばらくは上質世界にあるイメージ写真を持ち続けることになる。理想と現実のギャップを持ち続けて現実の相手に不満を持ち続けてしまうというのもこのような構造が影響しているようです。特に男女の出会いというのは強烈に刺激的な体験であり、素晴らしい面だけがイメージにしっかりと残ってしまいます。それは現実ではなくある種の錯覚なのだとある程度は理解することも現実の関係を維持するためには大切なことなのかもしれません。刺激的な出会いと現実的な生活の維持というのはやっぱり別のものだという意識は必要なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>