browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

世界の見方には大きな違いがある

Posted by on 2013年10月22日

二人の人がいたら二人とも違った見方をするものです。この事実を受け入れるのは、特に自分は客観的であると自信を持っている人にとっては困難ではあるが、私たちは、たくさんの現実を、自分が見たいと思うやり方で知覚している。楽観的な人も悲観的な人も、正常な人や異常な人が生きているのと同じ世界に生きている。しかし両者の世界の見方には大きな違いがある。私たちが見る多くは、他人が見るものとそうかけ離れてはいない。さもなければ一緒に生きることはできない。しかし、同じでないことは確かである。小さな個人的な世界は、誕生後すぐに各自が創造し始め、ずっと創造し続けるもので、私たちの欲求を最も満足させてくれる具体的なイメージ写真によって成り立っている。このようなイメージ写真は三つの傾域に分けられる。

①私たちがともにいたいと思う人、②私たちが最も所有したい、経験したいと思う物、③私たちの行動の多くを支配している考え信条。私たちの気分が良いときはいつでも、現実世界に存在する誰か、何か、あるいは何らかの信条が、私たちの上質世民にある人、物、あるいは信条のイメージ写点に限りなく近くなる行動を選択しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>