一般的な巡り合いの企画になりつつある出会い系サイト

出会い系サイトでの遭遇は、一般的な遭遇の土俵として定着しつつあるほど、手軽に利用できて、自分の条件に合う仲間と出会える手です。幼く独身のほうが利用する品物のフィーリングが力強いですが、最近では主婦の方も多く利用するようになってきました。それは、ウェブサイト以外に遭遇の土俵が短く、手軽に利用できるだけでなく、仲間について時間をかけて知ってから現に会う事ができる真実味があるからです。
出会い系サイトと名乗るウェブサイトは、数多く存在していますが、正に出会えて、利用時のアクシデントが無く、プライバシーなどの漏えいなどの憂慮が薄い、完璧出会い系サイトの回数は、くれぐれも多くありません。高額な賃料を提言しつつも、ウェブサイト内方だけでのツイートなどの会話だけで終わるようなカタチが不確かな仲間としか出会えないウェブサイトや、編集がしんどいにも関わらずサービスが薄い不便なウェブサイトを避けるためには、事前に評価などで好評を調べておくと安心ですし、そのようなウェブサイトは、主婦の輩は利用しています。
主婦のほうが求めている事は、出会い系サイトを利用している事を周囲に知られないようにするための無事故制度の極致さや、会った際に自分の隠密を守ってくれるルールを持った仲間です。ですから、若々しい独身の輩の気軽な仲間ではなく、大人のつながりを理解し合える仲間なのです。また、主婦の輩は会費や明示料金が発生するウェブサイトを敬遠する傾向が強いので、無料で利用できるウェブサイトに人気があります。これは男女ともに無料であるだけでなく、女性は無料で利用できますが、男性は会費や賃料が必要なウェブサイトも数多くあります。そんなウェブサイトには、安易なイマジネーションで利用する男性が早く、経済的にも安定しているほうが多いから安心できると評価している主婦の方も多いです。どんな完璧出会い系サイトを利用しても、はじめから主婦である事をオープンにしている輩ばかりではなく、信用できる仲間のみ告げる方もいるので、様々な輩とツイートの会話を試みる事が大切です。人妻

Categories: 未分類 | Leave a comment

出会い系サイトで既婚人間友人気軽な社交を満喫する人妻

人妻がダディに隠れて支出をしている出会い系サイトはたくさんあります。山盛りそんな出会い系サイトはあるのですが、そのうちの一つにはなはだ人気のあるPCMAXがあります。PCMAXは、はじめて利用する人にも至ってきめ細かいおすすめの出会い系サイトです。多くの既婚パーソンが行動をしているHPなので、あとで大きな揉め事になって面倒になることもありません。最初から、既婚パーソン仲間気軽な社交をすることができるのです。既婚パーソンであっても、楽しめることがたくさんあります。人妻たちは、自分の男には乏しい長所を持っている夫と出会い、ドキドキするタイミングを過ごしているのです。大勢が行動をしています。全国各地から、多くの年代の人物が記載をして利用しているので、自分の好みの人間の人物を見つけ易いという楽しみがあります。自らとおんなじ嗜好の人物も簡単に見つけることができる結果、シンパシーできる顔合わせがたくさんあります。男がいない昼間に出会い、久方ぶりのソワソワできるデートを楽しむことができます。素敵な人とデートをして、いつもの刺激も発散することができます。自分の話を聞いてくれる素敵な人がたくさんいます。掲示板もあるので、そこで自らと気が合う人物と見つけることができます。出会い系サイトの取り分け、一際PCMAXは優良なHPになっています。やけに使い易く、利用しやすい結果、多くの人が記載をして楽しんでいるのです。人妻と出会いたいと思っている夫も山盛り利用しています。PCMAXという出会い系サイトは、一年中一年中いつも運営されていているので、安心して利用することができるのです。なにかあった時折、一気にサービスをしてくれます。そして、親身になってもてなしをしてくれます。話から交信をすることができるので、人見知りでどうもコメントをすることができない、という人物にも安心です。はなはだ使い易いHPなのです。情報サイト

Categories: 未分類 | Leave a comment

出会い系サイトで婚活する40代のOL

近ごろでは、素敵な異性と知り合って幸せな結婚生活を夢見ている女性たちが非常に多く見られます。幸せをつかむために積極的に婚活に励んでいる人も多く見られます。東京都内に暮らす30代独身OLの中でも、特に話題を呼んでいるのがインターネットの出会い系サイトなのです。早朝や深夜など自分の好きな時間帯に登録から検索まで自由にできますので、非常に便利で使いやすいサービスとして選ばれています。
出会い系サイトでは、相手の顔写真や詳しいプロフィールなども掲載されていますので、自分好みの外見や条件の異性を効率良く見つけることができると喜ばれているのです。また、結婚後のことを考えて、相手の親と同居する可能性があるのか、経済状況などについても事前に把握することができるため、圧倒的な人気を集めています。無料で登録して出会えるサイトも年々増えてきていますので、あまりお金をかけずに婚活できる点も魅力的といえます。
共通の趣味が合う人を探すOLも多いため、相手のプロフィールをしっかりと呼んで好みのタイプには積極的に申し込んでメッセージを送っています。楽しく対等に暮らせるパートナーを探したいと望んでいる女性たちは、家族やお金よりも相手の趣味や性格を重視する傾向にあります。自分の理想とする条件は人それぞれ異なります。最適の結婚相手を探すためには、どうしても譲れない条件を絞って探すことが成功するコツなのです。
出会い系サイトでは、全ての利用者が安心して婚活に専念できるよう質の高いサービスを提供しています。個人情報の漏洩にもしっかりと対応できるよう常に監視体制を整えています。高い安全性を保ちながら素敵な異性と巡り会えるように、徹底した管理ときめ細やかなケアを行っているのです。実際に利用した人々の口コミによる評価は高く、友達や家族に勧める人も多くなってきています。心から信頼できる存在として、絶大な支持と満足度を誇っています。

大人が使う出会い系サイト

Categories: 未分類 | Leave a comment

配偶者がいても出会い系サイトを止められない

既婚者であれば配偶者がいますので、出会い系サイトに登録するなど一般常識で考えればあまりよいイメージだとはいえません。ですが、たとえ結婚していたとしても、夫婦関係が完全に破綻していたりなど、家庭の事情で新たな出会いを求めている人も少なからずいます。
このような立場の人が異性との出会いを求めるのであれば、普通の出会い系サイトに登録するよりも、既婚者向けの出会い系のサイトに登録するのが安心です。
普通のものだと、相手が独身であるのを前提に出会いを求める人ばかりです。結婚を経験していない人も当然多く、夫婦関係の悩みや問題点などを話し合っても、相手に自分の苦しみを理解する知識が欠けている場合がほとんどです。
独身の相手を求めるならまた別ですが、夫婦関係のことをよく知っている人のほうが、何かと頼りになります。また、相手も既婚者ですので、秘密を守ってくれるなど、色々と気を使ってくれる可能性が極めて高くなります。当然ながら、自分自身も同じように、相手の立場のことを思いやらなければなりません。意気投合できる相手が見つかれば、大人の付き合いを続けられたり、離婚をした時には支えになってくれるようになります。
ところで、既婚者向けの出会い系サイトについてですが、国内では殆ど見かけられないという特徴があります。海外にはそのようなサイトがあるものの、個人情報の流出問題が発生するなど、あまり評判がよくないのが現状です。
となれば、結局は普通の出会い系サイトに登録するしかありませんが、国内の出合い系の中には既婚者が多く集まっているところが存在します。このようなタイプの出合い系サービスに登録すると、安心感が高まります。女性であれば無料で利用できるサービスなどもあり、とてもお得です。
実際に利用するなら、利用者が多く、評判のよいサービスに登録することを心がけましょう。トラブルなく利用するには、信用出来ない相手を見抜く努力も必要です。お勧めの出会い系情報サイト

Categories: 未分類 | Leave a comment

結婚に行きつくまでの交際期間

最近は結婚相談所を利用する人が多く、結婚に行きつくまでの交際期間は、普通の恋愛結婚と比較すると短いのが普通です。それはもちろん、結婚までが早いからです。普通の経緯で知り合ったカップルなら、相手の結婚への意思を確かめられないままで、惰性で付き合い続けて倦怠期、というケースもありますが、こういう相談所で知り合ったお相手というのは、お金を払ってまで出会い系サイトでの婚活したい人同士なわけですから、それだけ結婚までの期間が短いのは当然といえるでしょう。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

優良な出会い系サイトで処女に出会う

処女を早く捨てたいということで処女である女性が出会い系サイトを使うということが結構あるようですね。そんなに早く処女を捨てる意味などないんでしょうけどね。処女膜というのは、膣の入口にあるピンと張った薄い膜をイメージする人も多いようですがそうではないのですね。膜というよりもむしろヒダに近いものらしいです。処女でも生理のときには膣口から出血することからもわかるように、処女膜は膣口を完全にふさいでいるわけではないのです。人によりその形が異なるようなんですが穴は聞いているのですね。生まれつき処女膜が完全にふさがっていると手術をして穴をあける必要があるようなんです。処女膜はヒトだけにあるものではないのです。一部のサルなど処女膜をもっている動物がいるようなんですね。だが処女膜がどうしであるのかはよくわかっていないようですが。普通に考えれば性交をするまで大切な膣や子宮を細菌などから守るためだと考えられるわけです。性器が形づくられるときにどういうわけか膣の入り口付近にだけ完全に穴が形成されることなく、ヒダが一部残ってしまったというわけなんですね。ところで処女だといっても、初めてのセックスのときにかならずしも痛みを感じたり、出血するとはかぎらないのですね。処女膜があっても出血しない女性やほとんど痛みを感じない女性もいるのです。なぜそこまで早く処女を捨てたいという若い女性が多いんでしょうか。それは周りの目を過剰に気にしてしまう人が増えているということと関係があるように思います。処女でいることが、男性にモテないイケてない女性だと思われてしまう、それを何とか回避したいという意識が働いているのかもしれません。ただ出会い系サイトを使うといっても多くの出会い系サイトは絶対に出会えない悪質な出会い系サイトだという事実があまり知られていません。優良出会い系サイトというのはほんの一握りなんですよね。優良出会い系サイトの真実というような情報サイトを見てみても、そのあたりの詳細が書かれています。優良出会い系サイト=大手で老舗の出会い系サイトという構図があるようです。出会い系サイトを使うのであれば誰もが知っているサイトを使わないといけないということですね。それが結果的に悪質なサイトに引っかからずに優良出会い系サイトを使うということに繋がるということですね。

Categories: 自由 | Leave a comment

精神的な癒し

いったん開始された射精を途中で止めることができないというのは男性なら誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。それは脊髄にある反射中枢が、射精の引き金になる信号を出しているからだと言われています。射精も大脳がコントロールしていない反射運動のために自分の意志で止めることができないようです。同じ尿道を通るにもかかわらず、精液と尿が混じらないのは、射精時に膀胱の出口にあたる部分が閉ざされるためらしです。個人差はあるものの、一般的に若いほど射精までの時間が短く、年齢とともに長くなっていく傾向があるようですね。具体的にはこのように言われているようですよ。20歳代は7~8分。30歳代は10~12分。40歳代は10~13分。50歳代は15分程度というように。ただ射精というのはセックス時にだけ起こるわけではないですよね。例えば夢精。夜の間に性的な夢などを見ることでペニスが勃起し射精することです。朝起きたときに下着が精液で濡れていることに気がつき、夢精したことがわかるというわけですね。夢精は、精子が盛んにつくられるようになる思春期に起きることが多いようですが、夢精のメカニズムはまだよくわかっていないようですね。熟女と出会いたいという若い男性が増えているようです。やはりそれは肉体的な快楽だけではなく、精神的な癒しという要素も求めているからなんでしょうね。コミュニケーション面でリードしてくれる女性を求めているということなのかもしれませんね。

Categories: 人間関係 | Leave a comment

人間の体の神秘

人間の体の神秘について。それも生殖に関して。卵子と精子が両方とも栄養分を持って大きい場合は受精後の栄養も十分になるが、両方ともに動きがにぶいので、出会うチャンスが減少することになります。両方とも栄養分を少なくして小さく動き回りやすい形の場合は、出会うチャンスが増す代わりに受精後の栄養分が不十分になり、生存力が減少してしまうわけです。そこであまり動けない代わりに栄養分が豊富で大きな卵子と小さく動きが活発な精子の組み合わせが子孫の繁栄にもっとも効率的かつ有利だったため、この組み合わせの配偶子を持つ生物が生き残ってきたというわけなんですよね。2つの性しかない理由もこのあたりに真理がありそうです。たとえば第3の性として中くらいの大きさの配偶子があったとしても、結局は大きな配偶子と出会うよりも、小さな配偶子と出会うチャンスのほうが多くなって結果的に大きな配偶子と小さな配偶子だけの組み合わせが、もっとも効率的だということになったのでしょう。有性生殖のほうがメリットがあるのならば、1つの個体がオスとメス、両方の生殖器をもっている雌雄同体のほうがさらにメリットがあるように思われますよね。なぜなら交配し合うことで両者が子供を産むことができるからですね。

Categories: 生存の欲求 | Leave a comment

女性の精神状態の変化について

PMSは脳から分泌されモルヒネと似た作用をするエンドルフィンが急激に減少するようなんです。エンドルフィンはよく知られていますよね。脳内麻薬とも呼ばれています。楽しいとか気持ちいいといった感情を引き起こすのですよね。この分泌量が減ることで気分が落ち込んで、PMSの引き金になるともいわれています。また女性の身体の特徴として脳内神経伝達物質のセロトニンの量も生理前に低下すると言われます。セロトニンは精神を安定させる働きがあるので、低下してしまうと、イライラしたり衝動的になったりすると考えられています。これもPMSの原因のひとつですね。PMSが一般的に認知されるようにはなってきましたが、そういった知識がないと、女性は自分の感情が変化する理由をむりやり探し出そうとしてしまいがちなんですよね。例えばこんな感じです。私がこんなにイライラするのはあの人のせいだ。私のことを何も理解しない夫がこうだからこんなにイライラしてしまうんだわ。などとなって、感情のはけ口をそこに持って行ってしまうことも多くなってしまうのです。そういった精神状態がホルモンや脳内物質のせいだということを男性だけじゃなく女性自身が知ることも大切ですよね。

Categories: 精神状態 | Leave a comment

男は感情表現が下手

カウンセリングにおいて男の患者さんというのは女性と全く違うようですね。症状は訴えるがその周辺のことは話したがらないのですよね。先生がストレスの原因となっているであろう仕事の問題や、家庭の問題を聞いても話を逸らすばかりなのだという。口を聞いても、ポツリポツリと事実関係を話すだけで自分の感情的な部分を吐露しないので、なかなか核心にたどりつけないようなんですよね。男は感情表現が下手なのでしょう。この理由のひとつは脳の構造上の問題であるようです。もうひとつは自分の気持ちを話すことは自分の弱点を見せることだと思っているからかもしれません。戦い抜く性のオスにとっては、弱点を見せることは自らの生存を危うくすることという側面もあるのでしょう。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

女性の非言語的な表現を理解する

男性にとって女性の非言語的な表現を理解するというのは難しいことかもしれません。でも彼女の言葉一つひとつに耳を傾けるというのは努力次第でできることですよね。テレビを見ながら聞いているとか、新聞を読みながら話すというような態度は改めて、しっかりと向き合って共感してあげることが本当に大切なんですよね。その姿を示すだけ真っすぐ向かい合って聞くだけで関係性というのは大きく改善するのです。それができれば、彼女にとって魅力的な男性に見えてくることは間違いないのです。できる上司は必ず部下の言葉に耳を傾けるものですよね。しかし部下の言葉に耳を傾けられる上司はほとんどいないというのが現状かもしれません。謙虚さがなければそれができないのですよね。偉くなってしまうとなかなかできないことなのかもしれません。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

何気なく放った言葉

現代では女性は男性と同じように外へ働きに出るのが当たり前になりましたよね。でもそのような状況に、特に年配の男性の脳は追いついていないのかもしれません。男性の脳は、古代のライフスタイルが刷り込まれているせいで、なかなか女性の社会進出を受け入れることができないということなのでしょう。共稼ぎの夫婦の場合、対等に働いているにも関わらず、妻のほうが夫より会社から帰ってくる時間が遅いと不機嫌になる、というような例もそれを表すことでしょう。古い遺伝子のせいで、脳が女性のことを働き手とは認めていないからこそ色んな弊害が生まれてくるわけです。脳が古いと蔑まれても仕方のないことかもしれませんね。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

考え方の違い

男女の考え方の違いは、脳の違いにあるとよく言われます。男女の脳の違いをよく表す実際の例として、左の大脳が脳便塞を起こし、言葉が話せなくなっても、訓練と時間経過で、右脳の一部がその機能を補うようになった女性がいる、ということが言われることがあります。脳梁とは左右の大脳をつないでいる部分ですね。女性の脳は特に後頭葉に近いところが丸くなっている。ここがパイプ役となって左脳と右脳間で情報交換をしているということのようです。視覚、聴覚、言語情報がすばやく交換されているので、脳梁が大きい女性は意識しないでも、細かく見て、音や言葉をよく処理できるんですね。同時処理が得意なゆえんです。感覚性言語中枢とは、言葉を聞いて理解する言語認識の能力をつかさどっています。女性が聞き上手なのは、このような解剖学的な差が影響しているのですね。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment

自分の意志

窮屈な箱のなかに押し込められたような感じで、狭い窓から外を見ていた自分が、自分の足で歩き、自分の意志でコミュニケーションできるようになったらそれは素晴らしい人生の転機が訪れるのではないでしょうか。こんなことしたら両親はなんて言うだろう、人からどう思われるだろう、本当にこれでいいのだろうか、狭い場所から、こんなふうにビクビクと外を見ていた過去の自分を捨て去り、自分が自分らしさを取り戻したいま、生まれつき持っていた魅力はすぐにでも輝きはじめるはずですからね。自由が魅力を作り、素敵な出会いを生み出すのですから。自由な自分を取り戻すと、昔の不自由だった自分のことを何であんな事考えていたんだろう、などと不思議な気持ちで思い出すことになるでしょう。人生が前に進んだ証しですよね。 Read more »

Categories: 自由 | Leave a comment

自分でパートナーとの出会いを選ぶ

子育てとは、ひとつずつ諦めていくこと。親は、子どもの無限の可能性を信じています。しかし、容貌をはじめ、興味の対象、好きな勉強など、その子に個性が芽生えていくにしたがい、「あれっ?この子は、こんな方向に伸びているのか」と驚くことになります。自己主張せずに母親の要望を聞き入れて、興味や適性がないところで努力をするのは、子ども本人にとってはとてもつらいことですよね。幼いころは、親を喜ばせるためにがんばったとしても、次第に成長して自我が芽生えていきます。母親が、娘にピアニストやバレリーナになってほしいと強く願っていたとしても、娘は、母親が望む方向には興味や適性がないかもしれませんからね。親の希望と娘の適性が合致すれば、それは双方にとってうれしいことですが、そうでない可能性も高いのです。そうやってひとつひとつ諦めていくのが子育てということなんでしょう。いつまでも子供に自分の意見を押し付けてばかりいたら、その子は成長しても親の目ばかり気にして、自分でパートナーとの出会いを選ぶこともできなかったりするわけですからね。
セックスしたい 優良出会い

Categories: 人間関係 | Leave a comment

運命の出会い・最悪の出会い

親に対して自分の恋愛観・結婚観を話して、理解してもらえるならそれでもいいですが、ぶつかることがわかっているなら、何も言わないのもいいんじゃないでしょうかね。自分の体は自分のものであり、ましてや成人女性が親の監督下に置かれる理由はありませんから。口うるさく勉強しろと言うのは、いい学校へ進学するためですよね。就職活動に口を出すのは、将来の安定のためです。出会いや恋人選びにダメ出しするのは、少しでも条件のいい男性を探すためということなのでしょう。とにかく母親は、娘が少しでもいい人生を歩めるよう、気にかけずにはいられないということなんでしょう。娘と母親で、考えが合致していないときには、壮絶なバトルになってしまいがちです。しかし、娘が、世界でいちばん幸せだ、と胸を張って生きていたら、母親はたとえ自分の思いと違っていても、うれしく思うものなのですよね。あの彼でいいのかしら。医者や弁護士と出会い結婚することができればもっと楽な生活ができるのに、と思っていても、娘が笑顔でいるなら、最終的には娘の幸せを応援してくれるはずなのですよね。だから自分で素敵な出会いを見つけて素敵な恋愛をすればいいんですよね。幸せな主観的なものですから。どのような出会いだって運命の出会いになったり、最悪の出会いになったりするものなのですよね。

Categories: 人間関係 | Leave a comment

状況を客観的に見るということ

この違いを最も明白に法廷で見る。被告人が何らかの理由で陪審員の上質世界に入っていれば、証拠に対して注意を払うことなく、無罪を言い渡す。被告人がどんな陪審員の上質世界にも入らないような極悪の人物であれば、確固たる証拠がなくても有罪宣告を受けるようである。被告人が法廷に立派な服装で出廷し、裁判官に対して敬意を払う必要がここにある。自分の上質世界にあるものと無関係でなければ、状況を客観的に見ることはできない。しかし、実際には、現実世界のようなものが存在しなければならない。私たちが現実世界のかなりの部分を同じように見ることができなければ、バベルの塔に等しい世界に住んでいることになり、効果的に事をなすことができない。例えば、時刻については誰もが同意している。 Read more »

Categories: イメージ | Leave a comment

刺激的な出会いと現実的な生活の維持

すべての人にとって重要でないというものはほとんどない。しかし、ほとんどの人にとって重要でないものが十分あるので、私たちはそこにあるものが現実であると同意することができるのだ。私たちは自分の欲求を満足させようとして、たえず上質世界を創造している。たくさんの力が欲しいなら、上質世界に政治を入れるかもしれない。生存することが欲求のすべてであれば、ディケンズの小説「クリスマス・キャロル」の中に出てくる主人公を模範とするかもしれない。自由が上質世界を支配していれば、小さなヨットを買い、航海に出るかもしれない。もっと多くの性行為を望むなら、配偶者を無視し、上質世界にあるイメージ写真と一致する、もっとセクシーな相手を探すかもしれない。もし、たくさんのお金を選挙に使って落選したら、政治を上質世界から締め出してしまうかもしれない。私たちは、自分のために役立つと思うかぎり、そのイメージ写真を持ち続ける傾向があるからだ。それでも私は上質世界に、このようなイメージ写真を長く持ち続けるかもしれない。なぜなら、どんなに欲求不満の状態であっても、イメージ写真を剥がし取ることは苦痛を伴うことであるからだ。それは、過去に私の欲求を満足させていたものをあきらめることである。それゆえ、私たちは、もはや自分が願望を満足させてくれなくなっても、しばらくは上質世界にあるイメージ写真を持ち続けることになる。理想と現実のギャップを持ち続けて現実の相手に不満を持ち続けてしまうというのもこのような構造が影響しているようです。特に男女の出会いというのは強烈に刺激的な体験であり、素晴らしい面だけがイメージにしっかりと残ってしまいます。それは現実ではなくある種の錯覚なのだとある程度は理解することも現実の関係を維持するためには大切なことなのかもしれません。刺激的な出会いと現実的な生活の維持というのはやっぱり別のものだという意識は必要なんでしょうね。

Categories: イメージ | Leave a comment

自分に都合のよいように現実を定義

現実とは、多数、あるいは重要な人物、あるいは権力のある人が「現実である」と言うものと深く関係しているのです。しかし最終的には、私たちは他人の同行には無闘係に、自分にいちばん都合のよいように現実を定義するのです。テレビで大統領を見て、私はすごい人物だと思う。あなたは私が狂ってでもいるかのような見方をする。大統領はあるがままの存作であるが、私たちは同じような見方をする能力を持っていない。対立を避けるために、多くの人は政治的、宗教の話題を避け、天気の話をする傾向がある。どんな天候が私たちの上質世界にあっても、それがまちがいだと言う人はいない。これは私の上質世界に入っているので、彼を囲む円に立っているままに見ることはできない。 Read more »

Categories: 見方 | Leave a comment

もっとうまく人と関わることができる

例を挙げれば、お金を貯めて買おうとしている新しい家、ぜひとも欲しい仕事、将来にとって重要な良い成績、結婚したいと思っている人、健康を回復しつつある病気の子供、等々です。アルコール依存症の人にとっては、のどから手が出そうなほど欲しいアルコールがそのイメージ写真ですね。ギャンブル依存症の人にとっては、サイコロの動きが常に頭から離れない。革命家にとっては、憎むべき現体制にとって代わる新しい政治体制。宗教的な人にとっては、自分が永速に生きる天国あるいはパラダイスのイメージ写真。私たちの各々にとって、上質世界は、自分の個人的なユートピア、それに近づけば直ちに気分が良くなる場所なのです。上質世界のイメージ写真を満足させることに成功すればいつでも楽しく、失敗すればいつでも苦痛を味わう。 Read more »

Categories: 人間関係 | Leave a comment